患者の皆様へ-慶應義塾大学病院形成外科

患者の皆様へ
  • 乳房再建
  • 悪性腫瘍切除後再建
  • 顔面神経麻痺
  • 傷あと
  • ケロイド・肥厚性瘢痕
  • 顔面骨骨折
  • 褥瘡・難治性潰瘍
  • 頭蓋骨・顔面骨の変形
  • 口唇裂・口蓋裂
  • あざ・血管腫
  • 眼、鼻、耳など顔の変形
  • 眼のまわりの形成外科
  • リンパ浮腫
  • 患者の皆様へ

臨床研究

形成外科では、新たな病態解明・治療法開発のため、数多くの臨床研究に取り組んでいます。これらの研究は、全て医学部倫理委員会において厳しく審査を受けた後、承認を得て遂行されています。
臨床研究についてご不明な点がありましたら、下記までご連絡ください。

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
慶應義塾大学医学部形成外科学教室
電話:03-5363-3814
(研究タイトル・担当者は下記リストを参照ください)
承認番号 責任者 実務責任者 研究タイトル PDF
20090142 貴志 和生   日本形成外科学会疾患登録システム 日本形成外科学会疾患登録システム
20124764 貴志 和生 中塚 誠之 静脈奇形に対する硬化療法の安全性、有効性の検討 静脈奇形に対する硬化療法の安全性、有効性の検討
20124774 貴志 和生 荒牧 典子 ケロイド・肥厚性瘢痕患者組織を用いたヒト組織移植免疫不全マウスモデルの確立 ケロイド・肥厚性瘢痕患者組織を用いたヒト組織移植免疫不全マウスモデルの確立
2013-026 貴志 和生   褥瘡の発生因子・予後因子の包括的検討
20130275 貴志 和生 荒牧 典子 血管腫に対するプロプラノロール内服療法 血管腫に対するプロプラノロール内服療法
2013124 貴志 和生 荒牧 典子 ヒト真皮線維芽細胞を用いた毛包誘導法の確立 ヒト真皮線維芽細胞を用いた毛包誘導法の確立
20141413 貴志 和生   外科手術患者に対する皮膚用接着剤「エピネクサスTM」の有効性および安全性を評価する単一施設オープンラベルの単群試験 外科手術患者に対する皮膚用接着剤「エピネクサスTM」
20143916 貴志 和生   外科手術患者を対象とした皮膚用接着剤「エピネクサスTM」と既存品との単一施設非盲検並行群間比較試験
20143662 貴志 和生 荒牧 典子 ヒト皮膚組織におけるヒアルロン酸分解・代謝酵素の発現及び機能解析 ヒト皮膚組織におけるヒアルロン酸分解・代謝酵素の発現及び機能解析
20150862 矢澤 真樹 血小板大量作製に向けた脂肪組織からの脂肪前駆細胞の分離・ヒト脱分化脂肪細胞(Dedifferentiated FAT cells:DFAT)の作製 血小板大量作製に向けた脂肪組織からの脂肪前駆細胞の分離・ヒト脱分化脂肪細胞(Dedifferentiated FAT cells:DFAT)の作製
20150113 貴志 和生 坂本 好昭 頭蓋縫合早期癒合症の至適手術時期の検討 頭蓋縫合早期癒合症の至適手術時期の検討
20150114 貴志 和生 坂本 好昭 頭蓋顎顔面領域での自家骨置換型人工骨の有用性の評価 頭蓋顎顔面領域での自家骨置換型人工骨の有用性の評価
2015286 貴志 和生 ヒト皮膚および皮下組織を構成する生体成分の加齢性変化に関する研究 ヒト皮膚および皮下組織を構成する生体成分の加齢性変化に関する研究
20150394 貴志 和生   瘢痕組織における培養表皮生着率の改善 瘢痕組織における培養表皮生着率の改善
20150395 貴志 和生 同種真皮と培養表皮を用いた複合皮膚の作成 同種真皮と培養表皮を用いた複合皮膚の作成
20160040 貴志 和生 坂本 好昭 検体遺体を用いた頭蓋顎顔面外科surgical simulation 検体遺体を用いた頭蓋顎顔面外科surgical simulation
20160096 貴志 和生 酒井 成貴 指定難病の神経線維腫症1型の進行阻止薬の開発 指定難病の神経線維腫症1型の進行阻止薬の開発
20160207 貴志 和生 坂本 好昭 Hemifacial microsomiaにおける3次元座標を用いた顔面形態評価 Hemifacial microsomiaにおける3次元座標を用いた顔面形態評価
© 2011 Keio University Hospital